2016年5月 8日 (日)

キヨヅカワールド!

世間はGW最終日。laalaa的には昨日お仕事してるけど、
まだ休みボケな感じなので、やはり今日が最終日?
今日は清塚さんのピアノリサイタル、キヨヅカワールド!
のため、MUSAかわさきへお出かけ。
清塚信也さんは、のだめで千秋先輩のピアノの吹き替え
をした人です。
MUSAだし、ticketもそんなに高くなかったので、これは!と思い
行ってみました。

そしたら

大当たり!すっごく楽しかった~up
1曲目は有名どころ、ショパンのノクターン。
なんて音がきれいなんでしょ。優雅なノクターンnote
2曲目はリストの愛の夢・・・そう、まおちゃんが使ってた
曲ですよね。
そしたらこの曲のとき、少しの間にくしゃみしたおじさんが
いて、思わず清塚さん、客席をガン見(笑)
そして曲の後に「ナイスタイミングでありがとうございま
した。打ち合わせ通りです。」と、ナイスMChappy01

・・・と、いうように、演奏も素敵だけど、今回トークが
めっちゃ楽しくて、笑った~up
ショパン(が多かった)の生涯を教えてくれたり、音楽を
勉強してる人って、こんな風に学ぶんだ、とよくわかり
ました。1番おかしかったのがクラッシックの定義。


作った人がすでに死んでればクラッシック


・・・って、おい!(笑)
でも、あながち嘘でもない、確かにそうなのよ。
もちろんまだ存命の作曲家もいるけど、とてもわかり
やすい定義happy02

それにあんな独創的な英雄ポロネーズ聞いたことない。
ガーシュウィンメドレーもよかったけど、アンコールの曲、
彼が編曲してるんだけど、いったい何曲の名曲が入って
たんだろうってくらい、結婚行進曲からマリオまで(笑)
最後の最後まで、パワフルで参りました!

千秋先輩ファンのlaalaaとしては、先輩のピアノが聞け
るから、くらいの軽い気持ちだったんですが、いやぁ~
やられました、キヨヅカワールドに!
また行きたいです。ブラボーshine

14627032787570

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月31日 (日)

3部作

予報ほど晴れなかったけど、とりあえず雨はやみ、今日は
MUZAかわさきへ。
時々行ってる東京交響楽団の名曲全集。
今日はベートーベン3部作。
4番、5番運命、6番田園の3つ。
曲はともかく、今日は指揮が飯森さんなので行くことに
決めたhappy01
1回見たかったんだよね、飯森さんの指揮。
いやぁ~、すごいパワフル!
息吸うのが聞こえるし、一緒に歌ってるのも聞こえた。
そしてオケはとても心地よく、少々うっとり・・・
見れば隣もうっとり(笑)それだけ心地よいってことよ(笑)

ところでlaalaa的あるあるなんですが・・・happy02

ベートーベン6番「田園」
ワーグナー「ニュルンベルグのマイスタージンガー」
エルガー「威風堂々」

この3つが、どうにも混同しますtyphoon
聞いて、一瞬どれだっけ・・・とcoldsweats01
ちゃんと音楽やってる人には笑われそうですが・・・
あ、威風堂々は出だしじゃなくてサビのとこね。

今日は田園なので♪今夜はマーボにしようかな~♪
ですよね!
↑ずいぶん昔のCMです!これで覚えてるのでsweat01
さて、今週も土曜日までお仕事がんばろ~・・・。
あっ・・・今週は誕生日も来るsweat02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

ブラ1♪

今日は太鼓の練習をお休みして、半年ぶりのミューザへ
行ってきたtrain
今年1月にデビューした(笑)ミューザ川崎。
1月と同じ、東京交響楽団の名曲全集。
今回はブラームスのシンフォニーNo,1。通称「ブラ1」ですnote

14022182480190

ミューザは舞台と客席が近い。
安い席でもオケとの一体感があるshine
指揮者も、ブラ1の前に演奏したバイオリンコンチェルトの
ソリストも若い~coldsweats01
過去に他のオケで聞いたりカラヤンのcdも持ってたりする
けど、やっぱ指揮者で曲の雰囲気はずいぶん変わるね~。
やっぱたまにはクラッシックで癒されるのもいいものですgood
ブラームスさん、20年の名曲をありがとう~up

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月21日 (土)

第九@N響

年末ということで、今日は優雅に?クラッシック鑑賞earnote
N○Kホールに、N響の第九を聞きに行きましたheart02
渋谷から歩くと、少し遠いねsweat01
手前の渋公までは何度か行ったことがあるけれど、N○K
ホールに行ったのは初めてかも・・・?

13876333246260

はい、ベートーベン、シンフォニーNo,9ですshine
もちろん合唱付き。合唱は某音大の学生さん、300人
くらいが微動だにせず並んでいたcoldsweats01
やっぱ、生のオケは良いなぁ~up
あ~、年末って感じ?
今日のコンサートは第九1曲だったんだけど、それでも
満足しました。
帰りは原宿でなぜか沖縄料理(笑)

来年も良い年でありますようにconfident


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

生オケ♪

週の真ん中のお休みも、何だか嬉しいよねheart02
最近は何でもかんでもハッピーマンデーだけど、連休じゃなく
てもいいのに・・・と思うこともしばしば。

で、今日もお部屋の片付けは続くlaalaa。
本当は小物類に移行するはずだったが、前回片付けた収納
スペースから、アルバムcameraが飛び出したままだったので
やむなく写真類の片付けに取りかかった。
いきなり上級sweat01なぜなら写真類にはもれなく「思い出」が
付いてくるので、処分するには思い出との決別?意思?が
必要になる。何も考えず「いらない、いらない」と袋に投げ込む
訳にはいかないのだ。
主に写真が収納されてるスペースを開けたら、出すだけで
1時間。世界各国の写真が出てくる出てくるdash

でも!今日は出すだけ出して、ちょっと選別しただけでまた
放置プレイ(笑) だって、生オケ聞きに行きたいんだもんear
先日、出張に出掛けたとき見かけたポスターで、某市民オケ
の定期演奏会が近場で行われることを知った。
それが今日。しかも入場無料、しかも曲がカルメンとブラ1note
こりゃ、行き!punchでしょhappy01
市民オケなので、もちろんアマチュアで、きっと聞きに来る人
も家族とか友だちとか、そんな混んでないだろうと思ってたら
そこそこ人が入ってました!
指揮者が激しいリアクションで、息づかいまで聞こえてくるから
びっくりcoldsweats01
ときどき、あれsweat02って音もあったけど(特に管楽器)そこは
ご愛敬。やっぱ管楽器って最初にパーンと入るのが難しいん
だろうなぁ・・・。
それでもカルメンもブラ1も大好きな曲だし、やっぱり生の音
を聴けるのはうれしいup
ブラ1の、特に第4楽章は本当に旋律が美しいと思う。
やっぱ最後は泣けましたweep
楽器が演奏できるっていいなぁheart04
laalaaも年取って、太鼓の演舞がきつくなったら何か楽器を
習うっていうのはどうかなぁ・・・(笑)
もちろんオケなんか無理だけど、いい趣味だよなぁって思う。
何か心が満たされたnotes
また生オケ、聞きに行きたいですbell

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

おしゃべりコンサート

今日は太鼓の練習をサボッて横須賀までお出掛けtrain
ブルーアイランド氏のおしゃべりコンサートに行ってきたnote
5月に茂木さんののだめ音楽会に行ったとき入っていた
フライヤーを見て、ぜひ行きたいと思ってたオケ。
演奏は神奈川フィルで、のだめのときと一緒。
指揮とおしゃべりが青島広志氏。
同じ神奈川県内なのに、横浜市のはじっこの我が家から
横須賀は遠かったsweat01 すっかり旅気分。
オネエキャラの青島氏のトークは楽しく、何かと堅苦しく
なりがちなクラッシックがだいぶ砕けて楽しかったheart02
だって、チャイコ(フスキー)はゲイだったとか、エルガーは
40歳までヒモだったとか、偉大なる作曲家の暴露話
オンパレードhappy02sweat01
セットリストはこんな感じ・・・↓

§威風堂々(エルガー)
§展覧会の絵より’キエフの大門’(ムソルグスキー)
§プリンク・プレンク・プランク(アンダーソン)
§さよならシンフォニー(ハイドン)
§ラ・カンパネラ(リスト)
§ラプソディ・イン・ブルー(ガーシュイン)
§剣の舞(ハチャトゥリアン)
§白鳥の湖
  眠れる森の美女
 くるみ割り人形(あし笛の踊り、こんぺい糖の踊り)
  (チャイコフスキー)
§ボレロ(ラヴェル)
そしてアンコールはカルメン(ビゼー)
どうですか、このラインナップshine この曲目だけで行くって
決めちゃいましたよscissors
のだめチックな曲やバレエ音楽、ピアノの名曲まで。
しかもこれで3000円!何てお手頃なのでしょう。
1番人気のラプソディ~も生で聴いたのは初めてかも?
ラストのボレロもマルレのボロボレロじゃなく、すごくヨカッタnote
ボレロって何気にハ調だし、メロディしつこいし(笑)合奏に
使えないかといつも考えてる1曲。聞き映えするし。
わざわざ横須賀まで遠征したかいがありましたheart02
やっぱ、クラッシック、生オケ、いいなぁweep
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

のだめ音楽会

朝目が覚めたら右腕右肩がバリバリの筋肉痛で起きられずweep
結局1日中腕が痛くて着替えもままならない感じ??
あう~、腕痛いよう(涙)
それでも重い体を衣おこし、何とか早番に行く。
多忙週間も何とか終了なるか?・・・。
お仕事の後は、今日はのだめ音楽会で関内へ。
この多忙週間の締めくくり、そこへクラッシックの名曲、これは絶対
夢の中へ確実?

・・・と思ったものの、いざ始まると茂木さんのトークもおもしろ
かったり、ほとんど知ってる曲なので興味深いnote
本当は来日予定だったチェコのオケが震災の影響で来日キャン
セルになり、急遽神奈川フィルさんが担当してくださることに。
その分値段も安くなったし、大型スクリーンでアニメのときの
画像がたくさん流れたり、曲に寄ってはアナリーゼをしている
ような感じ???
ブラ1が恋の曲だったなんて知らなかったcoldsweats01

やっぱ生オケは良いねけheart02
ラフマニノフのピアコン2番とか。。。生ラフマ~note
茂木さんのトークもいろいろおもしろかったよお♪
それに今日はサプライズゲストで何と映画版に出ていたコンマス
シモンさん登場!ほんものだ~!

いろいろ「魅せる工夫」もされていてとっても楽しかったです!
茂木さんも、来客全員がのだめファンだと思っているようです。
前振りも何もなく、いきなり千秋の話を始めてしまったり(笑)
でも、それだけでこんなに全国各地で公演して回っているという
から、忙しいよねぇsun

同じ曲なのにCDで聞くのと生で聴くのと全然音が変わったり
してすごいなぁ~と。どっぷりのだめワールドに染まった数時間。。
寝ないでよくがんばったね。


あ~、楽しかったheart04

2011052322410000


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

春を愛する人

こないだrvcarの中で、ラジオから流れた「希望の轍」の話をしたが
地震の後からいつもラジオを聴くようになったので、今日も「おflair
と思った曲がhappy02


春を愛する人


名曲ですよsign03
いえいえ「は~るを愛する人は~心清き人~」ではありませんsweat01
それは「四季の歌」coldsweats01
「春を愛する人」はGLAYの隠れた名曲なのです。
たぶんこの曲に出会ってなかったら、laalaaはGLAYファンでは
なかったと思う。そしてGLAYファンの中ではかなり人気のある
曲だ。「口唇」のカップリングなのでいわゆるA面にはなってないし
1番売れたベストアルバムにも入ってないsweat02
↑これはTAKUROが後から入れればヨカッタと相当後悔した
らしいけど、ファンも確実にそう思ってるpunch
明るい曲なのに、何か泣けるのよweep
毎日寒いから忘れてたけど、今日これを聴いて、そういえば春
なんだよねって思い出した・・・。
仕事も忙しいし花粉も嫌な季節でlaalaaは「春を愛する人」には
なれないけど(笑)TERUの歌声を久しぶりに聞いて、しかも
大好きなこの曲、何だかとても元気もらいましたsun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

ホロヴィッツ

昨日のネタとなったピアニストのウラディミール・ホロヴィッツ。
ちょっと昔の人なので(20年以上前に亡くなってるし)YouTubeに
動画がない、なんて言ったけど、ありましたshine
それも結構たくさんheart04
何だ~、もっと早く検索すればよかったcoldsweats01
古いので画質も音もイマイチだけど、ホロヴィッツが見れるなんて!
laalaa的ホロヴィッツの王道・英雄ポロネーズ
これ、自宅での演奏だよねぇ。。。奥さん聴いてるし。。。
リラックスして、ちょびっとミスタッチもあるけど、やっぱ良いcrown
そして弾き終えたあとの笑顔のかわいいことheart02
動画じゃなくて制止画だけど、ベートーベン・ソナタ熱情も発見!
これも好きだなぁ~happy01
何でもあるのね、YouTube・・・恐るべし。
あと訂正がもう1コ。ホロヴィッツはロシアの人だと勝手に思ってた
けど、正確にはウクライナ人でした。
まぁ「旧ソ連」という中には入ってるんだけどねsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

優しい音色

YouTubeで、いろいろ動画検索をしていた。
映画movie版「のだめ」のピアノ演奏をしている、中国人ピアニスト
「ラン・ラン」の英雄ポロネーズ(ショパン)の動画を見て、その独創
的な演奏にびっくり・・・本物の「のだめ」のようだったcoldsweats01
まぁ映画では樹里ちゃんは「ラン・ランのように弾いて」と言われて
いたらしいので、似ていて当然なんだろうけど。
特に後半の「1オクターブ連打」のとこ、さすがラン・ランのテクニック
はすごいshine しばしpc画面に見とれるnote
ついでに「英雄ポロネーズつながり」でいくつかリンクされていた、
他のピアニストたちの演奏も見る。
laalaa的には英雄ポロネーズと言えばロシアのピアニスト、ウラディ
ミール・ホロヴィッツが好きだった。すでに故人ですが・・・。
ラストレコーディングのCDcdも持ってるしheart04
(これが何と亡くなる4日前の録音!英雄は入ってないけどsweat02
さすがにホロヴィッツは昔の人過ぎて?見つけられなかったけど
とりあえずラン・ランのエネルギッシュな英雄、そして日本人
で有名な仲道郁代さんの魂のこもった英雄、最後に見たのは
フジコ・ヘミングさんの何ともすがすがしい英雄。
フジコさんと言えば「ラ・カンパネラ」が有名だけど・・・。
そういえばずいぶん前に、フジコさんのドキュメンタリー番組を見た
ことがあって、ベートーベンじゃないけど彼女もearが聞こえず苦労
したり、出生も複雑だったりしたんだよね。
それで気になって、フジコさんの他の動画を検索してみた。
もちろんリストの「ラ・カンパネラ」、そしてショパンの「ノクターン」
これも好きな曲。それこそノクターンはいろんな人の演奏を聞くけど
なんでearが不自由な彼女にこんな音が出せるのだろう・・・
何とも優しい音色で、自然に泣けてくるweep
1度は生でフジコさんの演奏を聞いてみたい・・・。でもticket取れない
んだよねぇ・・・。一生に1度はぜひ・・・と言うと大げさかもしれない
けど、フジコさんもかなりご高齢。
お元気に活躍されているうちに、聞きたいなぁ・・・優しい音色を
ぜひ生で・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧